Lab Members

- 岩谷 舟真 -

Shuma IWATANI
東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程
日本学術振興会特別研究員 DC2

研究関心

1. 興味・関心(Keyword: 多元的無知)
 “不人気な規範”が如何にして維持されるかに興味があります。ここで言う“不人気な規範”とは、人々に受け入れられていない規範を意味します。例えば、誰もが積極的に意見を言うことを望んでいるにも関わらず、「自分の意見は控えるべし」という規範が存在しているのであれば、その規範は“不人気な規範”であると言えます。

2. これまでの研究
 これまでの研究では、人々はある規範を受け入れていないにもかかわらず、その規範に従って行動するメカニズムについて検討してきました。実験を行った結果、人々は、他者が規範に沿った行動をしているのを見て、他者は規範を受け入れていると推測し、その他者からの評判を得るために、規範に沿った行動をとることが示唆されました。この内容は、2014年度の社会心理学会で発表されており、現在論文として投稿中です。

3. 今後の研究
 但し、他者は規範を受け入れていると推測したものの、規範から逸脱した行動をとる人物も少なからずいました。今後は、逸脱者がいるにもかかわらず、“不人気な規範”が維持されるメカニズムについて深く検討しようと考えています。
 実験室での実験を通じて“不人気な規範”が生起し維持されるメカニズムを検討した後は、社会調査を行い、実験室で得られた知見が実際の規範に応用可能であるか、またどのような社会環境においては上記のメカニズムが成立しやすいのかなどについて検討しようと考えています。

学歴


職歴


学会活動


業績

修士論文 卒業論文 学術論文 学会発表

受賞・研究助成



home